[海外出張]2019年キックオフイベントに参加してきました

このページ内の目次

こんにちは。サンシャインです。
2度目の投稿となる今回は、先月アメリカのフロリダ州で開催された、仕入先メーカーの2019年キックオフイベントの様子をレポートしたいと思います。
 
ざっくりどんなイベントかというと、世界中で働くメーカーの従業員やパートナーの方達が一堂に会し(その数3,000人以上!?)、今年1年間のメーカ戦略を全員で共有し、目標に向かってがんばろう!という決起の場です。
 
私は今回が初参加だったのですが、マクニカネットワークスとしては毎年参加しています。この一年間のメーカーの戦略をしっかり理解し、それをディストリビュータとしての我々マクニカの戦略に落とし込み、日本市場でどのようにビジネスを広げていくか考える重要な場として位置づけています。
 
私も初参加で若干ドキドキしつつもそんなミッションを持って行って参りました。
ではどんな様子だったか簡単にご紹介。
 
まず、会場はリゾートホテル、ゴージャス!!
リゾートホテルなので当然観光客もいるわけで、観光客の皆さんが水着でビーチで遊んでいるのを横目に、我々はジャケットを羽織って真面目に仕事がんばりました!
実際のアジェンダは、メーカーのCEO、CTO、CMOと経営層が代わる代わる登壇してそれぞれの観点で戦略を熱く語るKeyNoteをはじめ、営業向けのセールスセッション、およびエンジニア向けのテクニカルセッションなど、3日間朝から夜までぎっしりスケジュールが入っていました。
私はエンジニアなのでテクニカルセッションに参加したのですが、今後の製品拡販のアピールになりそうな新機能のロードマップ情報から、通常はなかなか知ることができない製品の内部アーキテクチャの仕組み、トラブルシューティングやチューニング方法の細かな内容まで、(1日中英語を聞いてヘトヘトになりながらも充実したコンテンツを幅広く聞くことができました。
 
ちなみにホテル全体を会場としているので、ホテルの至る場所で人が集まって即席のミーティング(立ち話)が行われていました。
実は私たちもKeynoteや各セッションの合間の時間を使って、メーカーの製品開発責任者の方達とミーティングを実施しました。当然普段会う機会は滅多にないので、同じ場所に一堂に会するこういったイベントは私たちのリクエストをダイレクトに伝えることができる貴重な場でもあります。
 
さて、そんな1日の締めくくりのディナーですが、、、ホテルのプールサイドやガーデンで毎晩パーティが開かれてました!
バンドの生演奏があったり、カラオケ大会があったりとみんなとても盛り上がっていました。昼はしっかりと仕事に集中、夜は思いっきり食べて飲んで遊んで、このメリハリは大事ですね!
 
そのような感じで終わってみればあっという間だった今回の海外出張ですが、こういった海外にいるメーカーの人達と直にコミュニケーションを取ることができる機会はとても貴重だなと改めて感じたとともに、ここで得た情報をもとに日本のお客様向けにより良い製品・サービスを提供できるよう取り組んでいきたいと思います。
 
ちなみにこのキックオフイベント、過去にはラスベガスやニューオーリンズで開催されており、来年どこで開催されるはお楽しみです!

トップに戻る

関連記事

前へ

クラウドコストを統合してみた

次へ

攻撃者になってみる SQLインジェクション編

Page Top