情報セキュリティEXPO【春】出展レポート

このページ内の目次

ども!中途入社2年目エンジニアのShuhです。
この度、日本最大級のセキュリティの展示会(情報セキュリティEXPO)に参加してきました。

情報セキュリティEXPOとは、技術商社である我々マクニカネットワークスが、セキュリティに興味のあるエンドユーザや販社に新製品やソリューションをアピールする場となります。
お客様の要望と、我々が販売しているソリューションがマッチすれば具体的な商談に進むこともあります。
また、セキュリティに関する最新情報提供のために、各ドメインの担当者がプレゼンも行います。市場でも珍しい製品紹介もあり満員御礼でした。

各製品の利用方法やソリューションについては担当エンジニアや営業が協力して来訪いただいたお客様に紹介します。


さてさて、、私が担当した製品ブースはこちらEDR。なんじゃそりゃ!?

EDR(Endpoint Detection and Response)とは、従来のセキュリティ対策ソフトでは昨今の高度化したサイバーセキュリティの脅威からPCを守ることは困難なため、侵入を前提とした対策を実施する概念となります。
来訪者は千差万別、EDRという言葉をはじめて知った情報部門の方、某大学でセキュリティを研究している研究者の方、大手のIT会社の方など様々です。
海外のセキュリティメーカーの方も来訪されました。もしや・・敵情視察!??

来訪頂いたお客様のニーズを見極め、丁寧且つシンプルに他社との差別化ポイントなどを説明、説明、、
喉の渇きと格闘しながら説明、、競合メーカーも出展していたので一段と張り切りました。

ということで、美味しいお酒が飲めました! 転職してよかったと感じる今日この頃。

おわり

 

トップに戻る

関連記事

前へ

SEC道後に参加してみたら参加者が半端なかった件

次へ

温泉地でメーカートレーニングに参加してきた

Page Top