Netpoleonと共にタイにて

このページ内の目次

こんにちは、やまたけと申します。
 
先日私が担当するExabeam社のSE向けトレーニングがタイ王国にて行われ、参加してきました。
このトレーニングには我々マクニカネットワークスのSE3名のほかに一昨年弊社の子会社となったNetpoleonのメンバーも加わり、バンコクにあるNetpoleon Thailandオフィスにて行われました。
Netpoleonのメンバーはマレーシアやシンガポールなど各国から集まってきたようです。
 
 Netpoleon Thailandオフィス入り口

 
今回の出張に当たり、宿泊HotelとしてNetpoleonのメンバーと同じホテルを取るつもりが、私だけ似たような名前の、近くの別のHotelを予約してしまい、混乱するという波乱の幕開けでしたが、トレーニング自体は滞りなく進みました。
 
トレーニングは3日間開催され、1日目の前日に日本から移動し、3日目の夜便で日本に帰ってくるというスケジュールでした。
トレーニングの内容としては製品の機能構成から始まり、2日目午後からは演習が中心の内容でした。演習用の機器がAWS上に用意され、SSHクライアントやブラウザを用いて設定や確認をするという形態です。我々はBox Noteを活用して参加メンバーで一緒にメモを取りつつ、日本にいるメンバーにもリアルタイムでNoteを共有をしていました。

トレーニングの様子 (この中に私がいます)

夜はメーカーのトレーニング担当者やNetpoleonメンバーと食事に行き、各国の市場についての話や文化の話をしたり、盛り上がりました。香港の方で、大変日本に詳しい方もいて、私の知らない日本の名所?の話が次々出てくるのは驚きでした。
残念ながら?トレーニング1,2日目は禁酒日であり、お酒を飲むことはありませんでしたが、蟹カレーをはじめ美味しい食事を楽しむこともできました。

Netpoleonのメンバーと夕食

丸々3日にわたる研修でしたが、皆さん積極的で頻繁に質問が飛んでおり、新しい技術に対する彼らの熱い思いを感じることができました。それは我々も同じで、国によらず共に一緒の思いを共有していると感じました。
今後、こういった機会も増えてくると思います

トップに戻る

関連記事

前へ

マクニカグループ ビアパーティ!

次へ

マクニカネットワークスの雰囲気

Page Top