新人エンジニアのリアルな日常

このページ内の目次

新人エンジニアのリンダでございます。
今回は新卒入社のエンジニアの私が、マクニカネットワークスでどんな生活をしているのか書いてみようと思います。
 
--- ある一日のタイムスケジュール ---
 
8:30 出社
          朝のコーヒー、メールの確認、 一日のタスク、スケジュールの確認
8:45 朝礼
          元気よく
9:00 お客様先へ移動
          電車でお客様先へ 新幹線を使うことも
          お客様と打ち合わせ
12:00 昼休み
          お昼休憩
          社外にいたら外食、社内にいたらお弁当
    同期や先輩と談笑
13:00 社内業務/資料作成
          帰社後は社内業務
          お客様向けの資料の作成・更新
15:00 社内業務/サポート
          担当製品に関するお問い合わせに回答
18:00 帰宅
 
 
このような具合で一日を過ごしています。
 
スケジュールだけでは味気ないので、出社から少し詳しく書いていきます!
 
もともとサイクリングが趣味で、マクニカが家から近かったこともあり、通勤にはロードバイクを利用しています。
通勤路はほぼサイクリングロードなので、とても気持ちがいいです!
※写真撮影日はあいにくの曇り空でしたが、日産スタジアムの前も通ります。
 
マクニカネットワークスの駐輪場は最近整備されましたが、屋根がないのが痛いところです。。
自席についたら、メールに目を通しながら始業を待ちます。
 
8:45 が始業時間です。
朝の朝礼は新人が行います。
フロアの雰囲気を業務モードにする大切な仕事です。
 
始業後先輩社員さんと本日の業務タスクについて共有して、この日の午前中はお客様先で打ち合わせです。
 
打合せの議題は、私の担当製品でお客様が予定しているバージョンアップ作業に関する事前打ち合わせです。
バージョンアップによるトラブルは大きな障害となる可能性があるので、作業の内容と、事前の注意事項について共有し、作業当日の流れをお客様と共通認識を深めていきます。
 
打ち合わせを終えたら、お昼時です。
エンジニアは社内にいることが多いので、日頃は社内で昼食をとります。外食はひそかな楽しみです笑
多くの方が利用しているのは、会社までお弁当を持ってきてくれる仕出し弁当です。
他にも会社の前まで、お弁当のキッチンカーが何台か来ています。
最近同期で人気があるのは、月曜日と木曜日に来るパン屋さんです。
 
昼休みが終ったら午後の業務に入ります。
 
マクニカネットワークスでは早い段階で、実際にお客様相手に仕事を任されます。
一例として、担当製品に関するお問い合わせへの回答を行います。
 
社内で検証を行ったり、担当製品のベンダーとコミュニケーションをとることで、国内のお客様が担当製品を効率的に利用できるようサポートを行います。
 
社風に「権限移譲」とあるように、積極的な姿勢は必ず尊重されます。
まだ業務について手探りな部分も多く、受け身になってしまいがちですが、「やりたい!!!」というパッションを持っていれば、たとえ新人であっても責任を伴う貴重な経験を積める環境があります。
 
4月から新社会人としてがむしゃらに走ってきて、自分自身で成長を出来ているかは正直わかりません。毎日学ぶことが尽きず、刺激的な日々です。
 
新人と呼ばれる時期も半年を切りました。
少しずつ業務の幅も広がり、躓くことも多いですが
いち早く一人前のエンジニアになれるため毎日頑張っています。
新人エンジニアの一日でした。

 

トップに戻る

関連記事

前へ

APIコンテストやったんです

次へ

[突撃ASCII 第2回] AWS?wit.ai?自由度高い新卒教育!

Page Top