マクニカネットワークスの雰囲気

このページ内の目次

こんにちは!
Web系のセキュリティ製品を扱っているエンジニアのchappyです。
 
はじめに
私、2019年7月1日中途入社のペーペーでございます。
入社して1ヵ月と少し経ったところで記事の制作をさせていただくこととなりました。
専門的な内容を書けるほど知識がないので今回は中途入社の視点から「マクニカネットワークスの雰囲気ってどうなの?」をざっくばらんにお伝えできればと思います!
 
前職では何をしていたのか?
前職では計測機器、映像機器メーカーに勤め業務用カメラの開発を行っておりました。光学系ではなく映像処理の部分です。
主な業務は回路図設計、アートワーク検図、FPGA設計(VHDL)、評価などでした。バリバリの開発です。
その他にも開発したカメラで撮影、編集なんてこともやっていました。
前職で扱った「ネットワーク」に関することは絞り出してせいぜい10GbEth/100GbEthとか。「ネットワーク」とはほとんど縁の無い職でした。
 
「マクニカネットワークスの雰囲気ってどうなの?」
2つの大項目に分けてお話したいと思います。
1.入社して驚いたこと
2.自分が感じた会社の雰囲気
 
1.入社して驚いたこと
 
まず入社して驚いたことは異業種からの転職者が多いことです。
自分と同じタイミングで8名の中途採用者がいたのですが、その中には金融系、広告系、食品商社、ソフトウェア開発などネットワークに精通した方はいませんでした。
ネットワーク精通者の方から見たら私なんて初期装備の冒険者みたいなものでして、未開の地(ネットワーク業界)にいきなりやってきて敵(専門用語)に囲まれておろおろしていました。
ですが、よく聞くと先輩社員の中にも異業種の中途入社者の方が結構いらっしゃるようです。
先輩社員達が最前線で活躍されている姿を見ると、自身の頑張り次第で穴は埋められる、とポジティブに考えられています。
なので「異業種だったから仕事についていけるかな、、、」という考えを払しょくすることができました。
 
次に教育の環境が整っていると感じました。
と言っても勤めた会社は2社目なので、井の中の蛙かもしれませんが私はそう感じております。
「自分の手を動かしてみよう」というスタンスが強く、「失敗しても次に生かせばよい、その経験は必ず生きる」という教育方針を持っています。
なのでOJT中はベース知識を教えていただき、その後は自分でいろいろ試してみる機会が多かったです。
でも決して放任するわけではなく、気にかけてくださるので効率よく勉強でき、自分の知識が増えていく実感がありました。
それとわからないことがあったら社内の文書を探すと大体資料が見つかります。私は大変助かっております。
「どうやったら素早く習得できるか」が考えられているんだなと感じています。
その他に社員は会社の方針を意識して業務に取り組んでいます。
前職では方針を意識している方は少なかったので、これも教育の環境が整っている賜物なのかなと感じています。
 
最後にあいさつです。
私は内向的な性格ですので、あいさつを積極的に行ってきていない人種でした。
入社初日は挨拶の多さに「この感じ、、、部活か??」と思ってしまいましたが、私自身も今では挨拶は当たり前です。おかげさまで同じマンションの住人にも挨拶するようになりました、進歩。
朝はどうしても眠いし一日が始まる、、、と思いがちですが、フロアに挨拶があふれると活気づきます。とても良い習慣だなと肌で感じております。
 
2.自分が感じた会社の雰囲気
 
全体的な雰囲気(主観です。)
「驚いたこと」で書いたようにあいさつをきちんとする会社なので、空気感としてはジメジメした感じがなく、明るく爽やかな気がします。(※主観です。)
風通しもよく、よく自席から離れ、話し合いながら仕事をしている光景を目にします。
笑い声なんかもよく聞こえてきますので、「自分の世界に籠る」というよりかは、「一緒に取り組む」という方が多い印象です。
 
人間関係
私自身「何考えているかわからない」と親に言われるくらい自分の話を積極的にしないタイプです。
マクニカネットワークスでは「仕事は最近どう?」「何か詰まっていることはない?」とよく気にかけてくださいます。これって結構救われます。
私のようにあまり発信しない人間も自然と、気軽に質問をしやすくなります。
その他に社内のルールで〇〇部長、〇〇社長と呼ぶのではなく、社員の事は共通して〇〇さんと呼び合うようになっています。
そのおかげかわかりませんが、「The上下関係」みたいなものはほとんど感じません。
先輩社員はいばらない、後輩社員は先輩社員を敬っている、このような関係がうまく築けている職場だと思っています。
 
以上が自分が入社して感じたことになります。
簡単ですがつらつらと書かせていただきましたので少しでも会社の雰囲気が伝わっていただければと思います。
 
 
最後に
マクニカには半導体を扱っているカンパニーがあるので、入社前はそちらの方が前職の知識を生かせるかなと思っていましたが、異業種からであっても成長できる環境が整っているマクニカネットワークスで働けて良かったと今では感じています。
 
また、マクニカネットワークスに入社してみて、色々な事にチャレンジできる環境があることを実感しています。
特に世界の最先端技術を利用した海外のメーカと近い距離で仕事をしているので、最新技術のキャッチアップ、意見交換やテクノロジーの検証などに興味が出てきていますので、積極的にチャレンジしていきたいと思っています。
ただ、現状では語学力に不安があるので、どこまで対応出来るか自信がないですが、周囲の協力も得ながらであればやり遂げられそうな気がしてきています。
幸いにも英語を話せるようになりたい仲間がいますので、英語で話してみるTimeを作って、英語に対する抵抗を減らしながら、チャレンジの機会を待ちたいと思います。
 
それでは!
 

トップに戻る

関連記事

前へ

Netpoleonと共にタイにて

次へ

Black Hat USA 2019 参加レポ

Page Top