年末大掃除

このページ内の目次

こんにちは、ネットワーク製品担当のキロです。
マクニカでは環境整備の一環で年に2回環境整備日があり、この日は半日かけて社内や会社周辺の大掃除を行います。
以前他の記事でも紹介されました。⇒サーバラック 最後の整線

本日は、先日行われた年末大掃除(環境整備日)の様子を紹介させて頂きます。

この日は皆私服で通勤します(動きやすい、汚れても良い服)。
まずは整理、整頓から行います。
各自や各部署で不要となったものを廃棄し、整頓します。
使うかもしれない(捨ててよいかの判断が面倒)、廃棄の仕方が分からない、等と捨てる判断を先延ばしにしていたものに手をつけていきます。初めは面倒だと思いましたが、捨て始めると次から次へと捨てたくなってきます。

検証ルームの床や机の上のものをバシバシ捨てていく上司の姿が。

環境整備は年2回行われますが、不思議な事に毎度多量のゴミが発生します。
※こちらはほんの一部です。
中には何だかわからないものや、大物も。

各フロアで集めたごみは1Fに運び、業者さんに引き取って頂きます。
物理的な整頓だけでなく、デスクトップや共有フォルダなどのデータ整理も行います。
社内システム管理者はシステムメンテナンスなども行います。

マクニカネットワークスではアプライアンス製品の取り扱いも多い為、各製品チーム等に設置用のラックスペースが割り当てられます。ラック周りは日ごろの検証などで結構荒れますので、この周りも各チームで整頓していきます。

以下はとあるネットワーク製品チームのラックです。
配線がかなり酷い状況に、、

もちろん、いつもこんな状態という訳ではありません。
最近複雑な構成での検証が多く、たまたま荒れてしまっているだけで、、

言い訳はこれくらいにしてラックの整頓を行います。
不要な結線を外し、配線を整備していきます。
かなり綺麗になりました。横がみちみちで回線をしまいきれませんでしたがご容赦ください。

整理、整頓の後は清掃です。
各自持ち場の清掃を行います。普段行わない場所を中心に行います。

通常は社内清掃に加えて地域清掃という会社周辺地域のゴミ拾いがありますが、残念ながら今年は悪天候のため地域清掃は中止となりました。

環境整備日を終えて、いったん整理してみると、普段どれだけだらしない使い方をしていたかが身に沁みました。物理結線が整理されることで機器上の不要なコンフィグも分かるため、未使用リソースの判別がつき易くなりました。
しばらくはこの綺麗な環境を保ちながら使う様に心掛けたいと思います。

トップに戻る

関連記事

前へ

今日の晩ごはんは何ですか?

次へ

物流の世界からITの世界へ飛び込んだ営業マンの日々

Page Top