風通しの良い会社とは

このページ内の目次

こんにちは!あらきーにょです!私は現在新卒で入社してから3年目となり、Webセキュリティ製品のエンジニアをしています。実は入社1年目の時にもこのありマクの記事を執筆させていただいています。(よかったら読んでいただけると嬉しいです。)
[前回記事:同期との旅行]

新卒入社から3年近くマクニカで働いている私ですが、今回の記事は実際にマクニカで働いてみてどうなの?といったところを新卒入社の目線で書いていきたいと思います。

ありマクを見に来ていただいている方はマクニカへの興味が少なからずある(と信じたい)方だと思いますが、マクニカのことを調べるとよくこんなワードを見ることはないでしょうか。

・風通しが良い
・若いうちから成長できる

実際に私がマクニカを選んだ理由も、上記のような社風に惹かれたことが影響しています。しかし、社風というのは実際に入ってみないとわからないものでもあると思っています。

実際に3年近く働いてみた結果マクニカの社風はどうであったのか、結論から申し上げると期待以上に良い環境でありました。特に「若いうちから成長できる」という点に関して、私はかなりの満足感を得ています。

マクニカでは、若手社員に対しても新しいことにどんどんチャレンジさせてくれる土壌があります。私の場合、入社当初からやりたいと思っていたことは、プリセールスエンジニアを担当し製品受注までの業務に関わりたいという想いがありました。私は実際に入社1年目の段階で担当製品の知識を身に付け、2年目の頃にはプリセールスエンジニアの業務も任されることとなりました。

若手社員を含め社員一人ひとりを戦力としてみなし、平等に意見を言い合える環境、それがマクニカの風通しが良いと言われる点の一つだと実感しています。

今年私たちのチームに新卒1年目の社員が加入しました。昨年は私のチームに新卒社員は加入しなかったので、直属の後輩は私にとって初めてとなります。私も社会人としてはまだまだですが、後輩を持つことはかなり刺激になりますね!(笑)特に教育側にまわると、1年目の頃の自分と比べて成長していることを改めて実感しているのでその点も良いなと思いました。

新加入の彼自身、自分のやりたいことを明確に持っており、マクニカらしい社員だなぁと感じています。彼も私と同じようにプリセールス寄りの仕事をしたいという想いがあり、私たちのチームでは1年目の彼にプリセールスの仕事にもチャレンジしてもらっています。彼の今後の成長にも期待ですね!!

さて、マクニカの社風について書かせていただきましたが、仕事に限らず人として成長していくためには「新しいことにチャレンジしていくこと」これが重要であると私は考えています。それが仕事へのモチベーションに繋がり、成長にも繋がる、働いてみてそれをひしひしと感じます。

そんな私は今年、プライベートで新しく始めたことがあります。それがテニスとウクレレです。今年はコロナの影響により在宅勤務も多く、オフィスに出勤することもなくなり、どうしても体がなまりがちです。そこで、おうち時間の充実と休日に外に出る機会を増やしたいと思い、これらを始めましたが、やはり新しいことにチャレンジすると日々のモチベーションにも繋がることを改めて感じました。(前回の記事のネタにしたゴルフも継続しています!)コロナの影響に負けず、むしろこれをきっかけとして、何か新しいことにチャレンジをしてみるのはどうでしょうか!

トップに戻る

関連記事

前へ

朝礼の楽しみ

次へ

Driverless.AIとSplunkのMLTKを比較してみた

Page Top