物流の世界からITの世界へ飛び込んだ営業マンの日々

このページ内の目次

こんにちは!マクニカネットワークス中途入社2年目、営業の大豆です。
今回は最先端のセキュリティ商材を担当している私が、日々どのような事を行っているのかをお伝えしたいと思います!

◆最先端テクノロジーを追い求めて
前職は某国際物流企業にて働いていました。自分の職種が定義出来ないほど、業務内容は多岐に渡っていましたが、いわゆる”定型業務”が多かったです。当初は先輩に叱られながら、日々の仕事をこなしていましたが、1年も経つと業務にも少しゆとりが出てきました。そんな頃、このようなワードをよく耳にするようになりました。
『多くの人がAIによって仕事を奪われる時代が来る!』

いろんな記事を読んだり、調べている中、私は思ったのです。
『AIに奪われるのはまさに今のような仕事じゃないか・・仕事を奪われるのではなく、このような最先端のテクノロジーを提供する立場になりたい!』と。

それからAIやRPA等、様々なテクノロジーについて調べるようになり、どんどんその魅力と将来性に惹かれてしまい、20代も折り返し直前、「動くなら今しかない!」と決意し、ご縁があったマクニカネットワークスに入社しました。

◆「機械学習 x セキュリティ」
当初はAIへの興味が非常に高かったのですが、入社後担当することになったのはセキュリティ製品でした。
「セキュリティか・・AIやりたかったな・・」と思ったことは大きな声では言いづらいのですが(笑)、
この製品は、機械学習等のテクノロジーを活用した米国シリコンバレーのスタートアップ企業の製品であり、紛れもなく最先端技術の1つでした。

「これは行ける!!面白い!」

エンドユーザ企業のお客様からも非常に関心が高く、お問合せを多数いただく日々です。私自身がこの製品のスペシャリストとなって、この最先端のテクノロジーを直接お客様に提案することにやりがいを感じています!

一方で、ITという業界の広さと過去の自分の視野の狭さを実感しながら日々業務に取り組んでいます。この業界は本当に目まぐるしいスピードで技術が進歩し、取り巻く環境が変化します。常に最新の情報にアンテナを張り、日々インプットとアウトプットを心がけることが、お客様の信頼に繋がる一つの要素であると信じています。

このように勉強会やセミナー等を実施し、最新のテクノロジーのご紹介や啓蒙活動をしています。 お客様社内での勉強会の様子

◆権限委譲を実感中
マクニカでは『権限委譲』という言葉を大事にしており、年齢や社歴に関わらず手を挙げるメンバーは挑戦できる環境があります。誰もが知っている大企業様に訪問し、大きなプロジェクトを目の当たりにすると「こんな若造で大丈夫なのか・・」と不安になることも多々ありました。

もちろん一人で完結できる仕事はありません。メンバーと連携しながら仕事を進め、ミスした時やアドバイスが欲しいときは先輩や上司がフォローしてくれるので安心して取り組むことができます。
自身で考え抜き、周りを巻き込みながら仕事に取り組むことで大きな達成感がありますし、自身の成長に繋がります!現在も、爆速で成長中だと信じています(笑)

長くなってしまいましたが今回はここまで!それではまた!

トップに戻る

関連記事

前へ

年末大掃除

次へ

初めてのヨーロッパ出張

Page Top