セールスコンシェルジュというお仕事

このページ内の目次

皆さん、こんにちは!

中途入社13年目のハコ美です。入社して10年間は外勤営業でしたが、出産後、育児休暇(2児の母です!)を取得し、現在は時短勤務で、業務としてはセールスコンシェルジュという役割を担っています。今日はこのセールスコンシェルジュについてご紹介します!

~セールスコンシェルジュというお仕事~

コンシェルジュと聞くと、ホテルで観光スポットの案内やレストランの予約など宿泊客の様々なリクエストに応えている、あの仕事を想像する方が多いと思います。
なので、「あれっ?マクニカネットワークスってホテル事業もやっていたっけ?」と思った方も少なくないかもしれません。しかし、私が実際に担当しているのは、宿泊のお客様ではなく、販売パートナー様のお問い合わせ対応です。

~スピードと精度、普段の関係作りが重要!~

マクニカネットワークスでは多くの取扱製品を販売パートナー様を通してお客様へ販売しています。
私の担当する製品は全国に約90社の販売パートナー様がいらっしゃって、日々メールや電話で製品の仕様、価格、販売の仕方、競合製品情報が欲しいといった、様々な問い合わせや相談の連絡が多数入ってきます。
本来、当社には各製品に担当営業がついていますが、営業マンは個別の商談で日中外出していることが多いので、すぐに多数の問合せに対応することは難しいことがほとんどです。
「そんな営業さんのフォローをしたい。そしてせっかくパートナー様が私たちの商品を全国で沢山販売してくださるのですから、できるだけ迅速にお手伝いしたい!」
多数の相談件数に対して、どれだけ迅速に正確に回答できるか?

そこで私たちセールスコンシェルジュの出番です!!

私たちは普段は外出せずに、パートナー様からのご相談や各種の問い合わせを電話とメール、あとはBoxを使って一旦すべて受取ります。そしてご相談の内容に応じて、速やかに回答をお返しします。私たちでわかることであれば、その場でご相談相手にもなりますし、わからないことであっても私たちで営業、SE、間接部門やメーカー様など必要な方々に確認して必要な情報をなるべく早くご回答することがミッションとなります。

Boxは社外のお客様やパートナー様と迅速に資料共有+コメントできてとても便利!


問合せをしてきた方々が本当に求めている情報は何かを考え、単なる問合せの回答だけでなく、そのご質問の背景を考え、一歩先のご回答ができるように心掛けています。
また、回答の質を高めるために日々変化するメーカーの情報をリサーチしたり、誰がどの分野に精通しているかなど、社内外の関係者の業務範囲や、得意分野の情報にも常にアンテナを張るようにしています。

ただし、パートナー様とオンラインばかりでは円滑なコミュニケーションができないので、時には販売パートナー様を直接訪問してミーティングをすることもあります。セールスコンシェルジュの業務をしっかり認知してもらえれば、先方も問合せがしやすくなり、より良いビジネス成果につながります!
パートナー様にお集まりいただいてイベントを企画することもありますが、詳しくはまた別の機会にお伝えできればと思います。

~セールスコンシェルジュの醍醐味って?~

冒頭にお話ししたとおり、私は2児の母親で現在は時短勤務です。営業職の経験を持つ私が、今の限られた時間の中で、会社に対してどうやったら最大限の貢献ができるかと考えると、今のワークスタイルがすごく合っていると感じます!
『すぐに対応してもらえるのが有難い』『いつも助かっている』などのパートナー様や社内の営業さんからお言葉を頂いたときはとても嬉しいですし、形式にとらわれず、マニュアルには書ききることのできないサービス精神と臨機応変さが求められる、セールスコンシェルジュはそんな面白さのあるお仕事です。

トップに戻る

関連記事

前へ

社内勉強会のはなし

次へ

Splunkのカンファレンスへ行ってきました

Page Top