ポジティブに柔軟に変化していく事

このページ内の目次

ありマクを読んでくださっている皆様、遅ればせながらあけましておめでとうございます。営業10年目の佐々木と申します。

自粛ムードの年末年始でしたが、私は地元にも帰らず人生で初めて一人で年を越しました。寂しいアラサーだなぁと思いましたか?やかましいわ!ということで、せっかくの大晦日、家でじ~っとしていても仕方がない、何か面白い事でもしよう!と思い、年越しそばを自作しました。当日の思い付きだったのでさすがに麺は打たなかったのですが、昆布と鰹節で合わせ出汁を取り、自分で天ぷらを揚げて謎に豪華な年越しそばを楽しみました。天ぷらはべちゃっとしてしまい悔しい思いをしましたが(天ぷらは大きな鍋で揚げた方が良いらしいです)、おかげで新しい体験ができ、2021年は天ぷらをうまく揚げるという抱負もでき、有意義な大晦日になりましたとさ。めでたしめでたし。
さて、しょうもない話はさておき何が言いたいかというと、「ポジティブであるということはとても素晴らしいですよね」ということです。マクニカ社員はポジティブな人がとても多いです。私は第二新卒で転職してきた人間なのですが、一番の驚きポイントだったかもしれません。
特に昨年からはCOVID-19の影響で暗いニュースが多く、皆様も大変な経験をされていると思います。ビジネスにおいても非常に難しい1年になりました。今までは営業はお客様と会ってナンボの職業という概念が一般的でしたが、テレワークになり、ガラッとスタイルを変えざるを得ませんでした。会社の行事や、飲み会など今まで当たり前と思っていた事も体験できなくなりました。しかし、困難を変化のチャンスと捉えて前向きに行動するマクニカの社員は、結構いい感じにアジャストできているんじゃないかなー思っています。ということで、この1年の変化をポジティブに書いていこうと思います。

●コロナ禍の働き方の変化でのポジティブ面
①言語化能力を向上できる
上司や先輩、同僚が近くにいると「何となくよく分からない、なんか悩んでいる」みたいな抽象的で曖昧な質問をサラッと投げかけることが出来ました。しかし、テレワーク下におけるチャットベース・メールベースのコミュニケーションではそれが出来ないんですね。「どういう状況なのか」「何をしたいのか」「自分は何に困っているのか」「何を知りたいのか」を端的に文字にして説明しないといけない。これは知的労働をする上でとても大切なことです。友達とのLINEのように雰囲気でやり取りをしていると、認識の齟齬が生まれ、お客様や同僚の時間をむやみに奪うことになりますし、ビジネスにおけるミスにもつながります。コミュニケーションの制限をチャンスと捉え一つ一つの発言を注意して紡ぐことによって、現状を正確に理解し、コミュニケーションを円滑にするために重要な言語化能力を強化することができると思っています。

②可処分時間が増えた
テレワークでは可処分時間が大きく増えました。メインで削減された時間は「出勤準備時間」「通勤時間」「商談間の移動時間」です。体感では3時間以上時間が増えたかんじがします。その時間をいかに有効活用するか、というところなのですが、私は資料作成や情報収集、勉強に割ける時間が増えてとても仕事が捗っています。私はコンサルティング営業をしているのですが、紙とペンで思考をまとめる、PPTで資料を作るなど「移動中」は難しい事に時間を使えるようになったのはとても大きいです。

③ミーティングが効率的に実施できるようになった
これもテレワークの恩恵なのですが、移動時間が無くなったことで参加者の時間の調整が容易になりました。例えば、現地商談(商談時間1時間)があると前後含めて3時間も時間を押さえないといけないのですが、前後の2時間は空きスロットになるのです。また、会議室が埋まっていてミーティングができない、ということもなくなりました。お客様との商談も実施しやすくなりましたし、意思決定に必要なミーティングを早急に実施することができるようになりました。調整するイライラも減りましたね。(とはいえミーティングは少ない方がいい!)

④健康的になった
可処分時間が増えたことに加えて、移動がなくなったことにより、体力に余裕が生まれました。露骨に歩数も減っていて、商談が多い日は二万歩ほど歩いていたのが、テレワークでは数百歩ほどの日もざらだったので、昼休みや定時後に筋トレやランニングに取り組みました。食事も炭水化物を減らし、自炊で栄養バランスを整えることで、緊急事態宣言前に比べると体重-2kg、体脂肪率-4%とむしろ健康的になることが出来ました!

他にもWeb商談のTips共有や、新しいWeb展示会などチーム、カンパニーの枠を超えた取り組みが広がっていて、結果にも繋がってきています。失敗も多いですが、皆初めての事で失敗は当然とガンガントライしています。プライベートでも新しい事にチャレンジしている人が多く、チャットではおすすめのプロテインとか、魚の捌き方だとか、面白いやり取りが流れています。それを見て始める人もいます。前向きに行動して、前向きな人と話すことで良いサイクルが回っていく。素晴らしいことですよね!

ということで、制限が増えて難しい状況下にあっても、ポジティブに目標設定し、日々の生活に変化を取り入れることによって成長し、心にもゆとりができると思っています。

皆様もぜひ、ポジティブに新しいことにチャレンジしてみてください!

トップに戻る

関連記事

前へ

自宅のIoT環境

次へ

冷静さを保つということ

Page Top